御影石(白)キッチン天板-東京都国分寺市A様
御影石の屋外キッチン

御影石の屋外キッチン

御影石アンドロメダ

御影石天板にサンワのアンダーシンク

BULLの屋外コンロ

特大御影石天板の搬入

屋外キッチンのアルミフレーム

大人気の高級白御影石「アンドロメダ」で屋外キッチン用の天板を製作設置しました。
アンドロメダは、真っ白なベースの色に流れるグレーの柄とアズキ色のドットが大変美しいスリランカ産の高級御影石です。

通常L型の天板は1辺ごとで分割するのですが、今回は短い辺が1.5mしか無かったのでなんとか一枚物で作ってみました!搬送中はまるで壁を運んでいるみたいです。
コーナー部のシンク穴とコの字型に2つ開口するコンロ穴は、搬入時の割れを防止するため切り込みだけ入れておいて現場で切断&磨き作業です。これで約半日近くかかります。

コンロはお施主様がアメリカより個人輸入した、Bull Outdoor Productsの屋外用コンロです。日本のプロパンに改造して繋ぐのだそうです。

そしてなんとも驚きは総アルミ製のキャビネットフレーム!デッキの根太までアルミです。現場で2回程「プロですか?」と聞きましたが、「趣味です」とかわされました。「男のロマンでしょ」っておっしゃってました。好きこそ物のなんとやら、脱帽であります。

いやー、現場に学びが無くなることはありませんね^^
BULLのコンロ欲しいなー…



天板サイズ:2,366×1,500(ワンピース一枚物)
石種:アンドロメダ(御影石)
キャビネット:アルミフレームお施主様DIY
コンロ:Bull Outdoor Products
シンク:サンワカンパニー

カテゴリー: 製作例-天然石のキッチン天板