御影石(白)キッチン天板-神奈川県横浜市T様

御影石キッチン

白い石のキッチン

御影石キッチン

御影石キッチン

マンション全面リフォームのお宅に、高級白御影石「アンドロメダ」でキッチン天板を製作設置しました。
アンドロメダは白地に柔らかい雲のようなグレーとアズキ色のドットが入る、スリランカ産のとても美しい御影石です。

今回はマンションに良くある、キッチンより一段上がったカウンターを撤去して、対面方向と側面方向にもキッチン天板を大きくしました。

キッチンリフォーム

写真は以前にリフォームした同じような形状のお宅のものです。
<ちなみにその時の内容はこちら>

この形状のキッチンは本当にリフォームのご相談が多いです。これを段の無い対面キッチンにするのは結構大掛かりな作業になるのですが、特に上の写真に書き込んだ2点のポイントをクリアしようとすると壁紙やフローリングなどの補修や交換が必要になります。

今回のリフォームでは壁紙の交換が決定していましたので、壁紙の張り替え前にカウンターを解体して準備しました。その一方、袖壁がキッチンより出っ張っている部分を取り除くためには取り除いた部分の床を貼らなければなりませんが、今回床はマンションご購入時に新品のフローリングに貼り替えてあったため、その部分はなんとかいじらない方向を模索しました。

キッチン天板の図面

お客様にご提案してご採用頂いたのは、キッチン手元側をおしゃもじのような形状で膨らませるプランです。「全体に丸みがある形状が良い」とご指示頂いていましたので、なるべく全体に柔らかいラインで天板を大きくするように設計しました。

対面側の張り出し部分の下地補強には金属の丸脚を用意しました。
パープルのCOMOシンク、コンロの前のスモールカウンターなど大変個性的で素敵なキッチンが出来上がりました。



天板サイズ:3,080×1,210(3分割)
石種:Andromeda(御影石)

シンク:COMO
キャビネット:LIXIL
 
カテゴリー: 製作例-天然石のキッチン天板